“【漫画】「 「幸福学博士」が教える「孤独」を幸せに変える方法」をわかりやすく解説【要約/前野隆司】”

フェルミ漫画大学

“【漫画】「 「幸福学博士」が教える「孤独」を幸せに変える方法」をわかりやすく解説【要約/前野隆司】” を YouTube で見る

幸せな孤独 「幸福学博士」が教える「孤独」を幸せに変える方法
この本は孤独をなくす本ではありません。 孤独なままでも、幸せな人生を送るための 方法が書かれています。 コロナ禍をきっかけに、日本では老若男女を問わず 「孤独」な人が増えているという調査結果がニュースになりました。 2021年2月、内閣に「孤独・孤立政策担当大臣」が新設されたのも、 それに対処するためでしょう。人々を孤...

内容紹介

この本は孤独をなくす本ではありません。
孤独なままでも、幸せな人生を送るための
方法が書かれています。

コロナ禍をきっかけに、日本では老若男女を問わず「孤独」な人が増えているという調査結果がニュースになりました。
2021年2月、内閣に「孤独・孤立政策担当大臣」が新設されたのも、それに対処するためでしょう。人々を孤独から救わなければならない、ということのようです。
孤独をテーマにした記事もよく見かけるようになりました。

ただし、多く今の議論は「孤独は不幸」という前提に立っています。
本当にそうでしょうか?

著者の慶応大学大学院教授で、「幸福学」の第一人者である前野隆司教授の最新の研究でも、孤独=不幸というふうに、単純に決められないことがわかってきました。

パートナーがいなくても、人付き合いが苦手でも、友人に恵まれていなくても、幸せになれる人はいます。
孤独を過度に恐れる必要はありません。
孤独でありながら幸せになる方法は確かにあるということです
(「幸せな孤独」の定義については書籍で詳しく述べています)。

では、どうすれば「幸せな孤独」が実現できるのか。

それは、この本でご紹介している3つの考え方を身につけることが大事です。

1「うけいれる」(自己受容)
2「ほめる」(自尊心)
3「らくになる」(楽観性)

この3つの要因、言い方を変えれば3つの「正しい心のクセ」を伸ばすことで、
幸せな孤独を手に入れられます。

3つの考え方は、「孤独」に関して学会でも認められている論文を分析し、さらに独自のアンケート調査などを基に研究を重ねた結果、孤独でありながら幸福度が高い人々に共通する傾向として、浮かび上がってきたものです。

本書は、こうした考え方を身に付ける誰でも簡単にできるレッスンをご紹介しています。
少しずつ、できる範囲から始めていただければ、きっとあなたの人生が変わり始めるでしょう。

出版社からのコメント

—目次―
第1章 「幸せな孤独」とは何か?
第2章 孤独感に陥りやすい日本人
第3章 孤独感が寂しさと不安を生む
第4章 幸せな孤独になるための3つの要素
第5章 幸せな孤独を身につけるためのレッスン
第6章 孤独な人ほど「幸せ」になれる
第7章 他人と「ゆるくつながる」コツ

著者について

前野隆司(まえの・たかし)

日本における幸福学の第一人者。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授。慶應義塾大学ウェルビーイングリサーチセンター長。

山口県出身。1984年東京工業大学卒業、1986年同大学修士課程修了。キヤノン株式会社、カリフォルニア大学バークレー校訪問研究員、ハーバード大学訪問教授等を経て現職。

著書に『幸せのメカニズム』『幸せな職場の経営学』『99.9%は幸せの素人』(共著)など多数。

タイトルとURLをコピーしました