“【漫画】「5000日後の世界 すべてがAIと接続された「ミラーワールド」が訪れる」をわかりやすく解説【要約/ケヴィン・ケリー】”

フェルミ漫画大学
5000日後の世界 すべてがAIと接続された「ミラーワールド」が訪れる(世界の知性シリーズ) (PHP新書)
5000日後の世界 すべてがAIと接続された「ミラーワールド」が訪れる(世界の知性シリーズ) (PHP新書)

内容紹介

「ビジョナリー(予見者)」。本書の著者、ケヴィン・ケリーはしばしばこう称される。
テック文化を牽引する雑誌・米『WIRED』の創刊編集長を務めた著者は、GAFAなど巨大企業による「勝者総取り」現象など、テクノロジーによって起こる数多くの事象を予測し、的中させてきた。

著者によれば、インターネットが商用化されてから5000日後(約13年後)にソーシャルメディア(SNS)が勃興を始めた。そして現在は、ソーシャルメディアの始まりからさらに5000日が経ったところだ。いまやインターネットやSNSは、われわれの暮らしに欠かせないものとなっている。
では、これからの5000日には何が起きるのだろう?
著者はすべてのものがAI(人工知能)に接続されたAR(拡張現実)の世界「ミラーワールド」が訪れると予測する。
各国に住む100万人単位の人がバーチャルな世界で協働することが可能になる世界だ。SNSに続く新たな巨大プラットフォームの誕生である。

新たなプラットフォームは、働き方や政府のあり方にも大きな影響を与える。地球のどこにいても、だれとでも仕事ができる世界になれば、会社とは異なる形態の組織が生まれる。また、製造業や金融、流通、交通、観光、農業、教育……といった産業も、大きな変化を余儀なくされるだろう。

新たなプラットフォームは、何万もの新たな勝者の誕生にもつながる。この巨大潮流を知り、変化が加速する時代をサバイブせよ。

出版社からのコメント

【第1章 百万人が協働する未来】
■ミラーワールドが起こす大変化
百万人が各国からバーチャルで一緒に働く世界に
SNSに続く「新たな巨大プラットフォーム」の到来
■ミラーワールドは新たな力と富を生み出す
勝者はGAFAのだれでもない
■まったく新しい働き方が到来する
いまはない新しい組織の形ができる
■仕事と遊びが融合する時代
高齢者よりも若者が失業する時代に

【第2章 進化するデジタル経済の現在地】
■AI化という新たな産業革命がもたらすもの
これから五十年間は「AIの時代」が続く
退屈な仕事はAIに任せ、クリエイティブな仕事で生きられる時代に
■GAFA後の世界
二十五年以内にGAFAの代替わりが起きるだろう
「新たな石油」ビッグデータをお金に換える仕組み

【第3章 すべての産業はテクノロジーで生まれ変わる】
■食の未来
クリーンミートが変える食
農場はAIとロボットが活躍する場になる
■移動の未来
自動運転車が主流になるのは二〇四〇年以降
空飛ぶモビリティがつくる未来
■お金の未来
実名での取引しか不可能な、「国家による暗号通貨」ができる
NFTが変える「モノの価値」
■エネルギーの未来
今後五年で、電気自動車は爆発的に普及する
■教育の未来
AR・VR技術が教育を激変させる
自動翻訳が変える世界

【第4章 アジアの世紀とテック地政学】
■アジアの世紀が到来する
ネクストiPhoneを生み出すのは中国企業
いま世界中で起きている「収斂と分岐」
■都市がますます勃興する
今世紀中に、ある産業に特化した都市のクラスターが出現する

【第5章 テクノロジーに耳を傾ければ未来がわかる】
■変化が加速する時代に
ゲームのルール自体が変化する時代
■結局のところ、未来をつくるのは楽観主義者だ
「プロトピア」を思考せよ

【第6章 イノベーションと成功のジレンマ】
■偉大な起業家たちとの対話で得た結論
大企業がイノベーションを起こせない本質的な理由
イノベーションはエッジから生まれる
■思考を止めないために
AI時代には「問いを考える」ことが人の仕事になる

【あとがき――大野和基】
楽観主義者であるということ
【訳者解説――服部桂】
ケヴィン・ケリーにはなぜ未来が見えるのか?

著者について

ケヴィン・ケリー
編集者、著述家。1993年に雑誌『WIRED』を共同で設立、創刊編集長を務める。これまでにスティーブ・ジョブズやビル・ゲイツ、ジェフ・ベゾスなど、数多くの起業家を取材。現在は、『NYTimes』や『Science』などに寄稿するほか、編集長として毎月50万人のユニークビジターをもつウェブサイトCool Toolsを運営。主な著書に『テクニウム』(服部桂訳、みすず書房)、『〈インターネット〉の次に来るもの』(服部桂訳、NHK出版)など。

大野和基
東京外国語大学英米学科卒業。79~97年渡米。コーネル大学で化学、ニューヨーク医科大学で基礎医学を学ぶ。その後、現地でジャーナリストとして活躍後に帰国。その後も頻繁に海外に渡航。世界的な識者への取材を精力的に行なっている。訳書に『世界史の針が巻き戻るとき』(マルクス・ガブリエル著)編著に『未完の資本主義』『自由の奪還』(以上、PHP新書)など。

服部桂
ジャーナリスト、関西大学客員教授。早稲田大学理工学部修士課程修了。朝日新聞社で科学部記者などを経て現職。著書に『VR原論』(翔泳社)など。

タイトルとURLをコピーしました