フェルミ漫画大学

"【漫画】「できる男は超少食 」をわかりやすく解説!【空腹こそ活力の源/本要約/船瀬俊介】"


"【漫画】「できる男は超少食 」をわかりやすく解説!【空腹こそ活力の源/本要約/船瀬俊介】" を YouTube で見る

内容紹介

オバマ大統領やマイクロソフト創業者ビル・ゲイツは超少食で知られる。
日本でも星野リゾートの星野社長、ジャパネットたかたの高田社長、ビートたけし、タモリ、福山雅治などは1日1食。

スポーツ界でもサッカーの小野伸二は1日1食、横綱白鵬は少食、陸上の為末やジャイアンツ球団は定期的に断食するなど、各界で活躍する人に少食実践者が多く、活力の源=大食、という図式は成り立たないことがわかる。
少食にすることで眠っている本来の能力が目覚め、「できる男」に!
メタボ解消はもちろん、頭が冴え、体が軽くなり、集中力アップ、短眠でも疲れない。
そして、若返って精力絶倫に。さらにボケない、病気にならない、寿命も伸びる。


船瀬 俊介:1950年福岡県生まれ。食品・医療・環境問題に取り組むジャーナリスト。
時代の先端を行く視点がつねに注目を集めている。『病院で殺される』が話題に。
『3日食べなきゃ、7割治る』『やってみました!1日1食!!』(すべて三五館)はベストセラー。

内容(「BOOK」データベースより)

飲み会、接待、出張が多くても、残業続きで睡眠不足でも疲れない!体が軽い!記憶力up!小腹がへってもすぐ食うな!3時間の空腹が頭と体をキレッキレに研ぎ澄ます。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

船瀬俊介
1950年福岡県生まれ。食品・医療・環境問題に取り組むジャーナリスト・評論家。日本消費者連盟の活動に参加し、「消費者リポート」の編集などを経て、フリーランスに(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

著者について

船瀬 俊介(ふなせ しゅんすけ): 1950年福岡県生まれ。食品・医療・環境問題に取り組むジャーナリスト。時代の先端を行く視点が注目の的に。著書は『病院で殺される』『3日食べなきゃ、7割治る』『やってみました! 1日1食! ! 』『若返ったゾ! ファスティング』(すべて三五館)ほか多数。

-フェルミ漫画大学