金運アップの秘訣

金運アップに関する記事をまとめました。

これを読めば、あなたの金運が

アップすることでしょう。

【目次】

金運というものが存在している

金運とは?

金運は天の記録であるオーラに記録されている

徳と金運を積む方法

頼りになるのは、自分が蓄積した徳と金運だけ

金運がマイナスになると、お金も仕事も失ってしまう

【金運アップの秘訣】

金運というものが存在している

金運というものが存在しています。

この世には、徳の一つの表れとして、金運というものがあります。

これは、他人に奉仕すると金運として徳が積まれて、やがて金運が現実化して、お金を受け取れるというものです。

金運は、それぞれの人間のオーラに記録されています。そして金運が多いほど、たくさんのお金が手に入り、豊かな人生が送れます。

タレントや芸能人、発明家や経営者、スポーツ選手など、大金を稼ぐ人たちには、巨大な金運があります。

これは、過去世で、たくさんの人に奉仕し、助けて獲得した場合が多いのですが、今回の人生で、他人に役立ったり、人助けをして徳積みした人もいます。

たくさんの金運があればあるほど、成功し、たくさんのお金を手に入れることができます。

日本人の大多数は、毎日労働して月給分の金運を蓄積して、給料日に金運が実現してお金を受け取る生活を送っています。

そんな中で、仕事の質が高く、仕事量が多く、月給以上の金運が蓄積されている場合は、月給以外に副収入が入って、金運が成就されることになります。

給料やボーナスを見ただけでは不公平ですが、後に、金運が実現するので、最終的には、この世界の報酬や収入は、とても公平なのです。

「安月給だからサボろう」と考えるのはよくありません。

給料が少ないからといって怠けると、なお一層給料が減ります。

反対に「給料は少ないが、給料の何倍もの仕事をやろう!」と一生懸命仕事をする人がいますが、この考え方が正しいのです。

実際にもらう給料は少なくても、給料以上に仕事した分は、金運としてオーラに計上されて、後に現実化するからです。

何らかの形でお金、あるいは、同等の価値あるものを手に入れることができるので、だんだん豊かになります。

突然、親の遺産が入ってきたり、宝くじに当選したり、高価なプレゼントをもらった時など、これらは偶然でしょうか。

いいえ、これは、偶然ではなく、それまでに蓄積されてきた金運が、そのような形で現実になった結果なのです。

ですから、偶然、お金を手にしたり、価値あるものをもらうわけではありません。

その裏には、金運が働いているのです。

このように、金運というものが存在して、貨幣経済の不平等を補っているということを理解してください。

豊かになりたければ、給料の何倍もの仕事をするように努力してください。

また、寄付したり、他者に奉仕すると、金運が増加するので、他者に物やサービスを与え続けるということも大事です。

ところで、ユニセフに寄付すると、約35倍の金運が蓄積されるといわれているので、毎月ユニセフに寄付し続ければ、だんだん、あなたは豊かになっていきます。

金運とは?

人間には金運というものがあります。

金運が多ければ多いほど、

お金や価値ある物が

手に入ります。

金運があればあるほど、

収入も多く、

いい生活ができ、

成功し、豊かな人生が送れます。

金運は、目には見えませんが、

オーラに正確に記録されています。

この記録は、神が記録する

天の記録なので、

正確で、間違いありません。

天の記録には、間違いがなく、

金運を受け取るべき人には、
 
しっかりと与えられますし、

金運を失うべき人からは、

しっかりと差し引かれます。

価値ある物やサービスに払ったお金が、

支払ったお金で

足りなければ、

不足した分、金運が減少します。

価値ある物やサービスや

知識や情報を無料で受け取ったり、

安く買ったりすると、

不足分を金運から
 
差し引かれます。

金運を高めるには、

他人に物やサービス、
 
有益な知識や知恵、情報を

与えて与えて与えまくることです。

仏教では、

体施、物施、法施と

いわれています。

体施とは、体を使った奉仕、

すなわち、サービスです。

物施とは、物やお金を与えることです。

特に、お金を与えることを財施

ともいいます。

法施とは、人に真理を説き、
 
教育を行い、価値ある情報、

知識、知恵を与えることです。

仏教では、

法施が一番多くの徳を

積めるといわれています。

他人を正しい方向に指導し、

真理を教え、

人格と霊位を向上させ、
 
導くのです。

人を霊位向上に導くことは、

たくさんの徳を

積むことができます。

他者に有益な価値ある

情報を与えることでも、

たくさんの徳を積むことができます。

以上のことから、

毎月、ユニセフなどの

慈善団体に寄付し、

困っている人は

進んで助け、

無料奉仕を行い、

有益な知識や知恵、情報などは、

人に惜しみなく与えることです。

このように生きれば、

たくさんの徳が積め、

徳が実現すれば、

豊かさと健康、

幸せと成功がつかめます。

金運は天の記録であるオーラに記録されている

人間には金運があります。金運が多いほど、お金や価値ある物を受け取れます。

金運が多いほど、高収入の仕事ができ、高い地位につけ、成功し、とても豊かな生活が送れます。

金運はオーラに正確に記録されています。この記録は、神様が記録する天の記録なので正確で間違いはありません。

天の記録は正確で、金運を受け取る資格のある人には、しっかりと与えられ、金運を失うべき人からは、しっかりと差し引かれます。

価値ある物やサービス、あるいは、知識や情報を無料で受け取ったり、安く受け取ったりすると、不足分を金運から差し引かれます。

金運を増やすには、他者に物やサービス、知識や知恵、情報を与えればいいのです。

仏教では、体施(たいせ)、物施(ぶっせ)、法施(ほっせ、ほうせ)と言われています。

体施とは、体を使った奉仕、サービスです。物施とは、物を与えることです。法施とは、真理を説き、教育をおこない、価値ある情報、知識、知恵を授けることです。

仏教では、法施が一番多くの徳を積めると言われています。真理を説き、人の人格と霊位を向上させます。人を霊位向上に導くことは、とても多くの徳を積むことができます。価値ある情報を与えることでも、多くの徳が積めます。

徳を積むには、毎月、ユニセフに寄付し、困っている人を助け、無料奉仕をおこない、知識や知恵、情報などは、どんどん他人に分け与えることです。

このように生きれば、多くの徳が積めます。徳が実現すれば、成功と幸運、健康と豊かさがもたらされます。

徳と金運を積む方法

徳を積めば積むほど、成功し、人気者になり、幸福になり、能力が高まり、願望を実現できたり、などさまざまな幸運に恵まれるようになります。

また、金運を積めば積むほど、収入が増えたり、価値のある物を受け取ったり、豊かな生活が送れます。

どうすれば、徳と金運が積めるのでしょうか?

それには、まず、与えることです。

他人が必要とするお金、物、知識や情報、サービスを与えれば与えるほど、金運と徳を積むことができます。

特に、ユニセフなどの慈善団体に寄付すると、大変多くの金運と徳を積むことができます。

また、一生懸命に働けば、他人にサービスを与えるので、それだけ、金運と徳を積むことができます。

また、調和した思いや言葉を心がけることにより、周りに安定と調和を与え、社会に良い影響を与えるので、徳が積めます。

逆に、どんなことをすれば、金運と徳が減ってしまうのでしょうか?

一番、金運と徳が減ってしまうのは、他人から奪うことです。奪えば、それだけ、金運と徳が減ります。窃盗などは最悪です。

金運と徳がマイナスになると、苦悩に満ちた貧困生活とか病気で苦しんだり、だれにも相手にされないつらく厳しい人生になってしまいます。

だから、金運と徳がマイナスにならないようにしなければなりません。

また、目立ちすぎてはいけません。他人から賞賛されると、それだけ、徳を失います。

徳は、人気を生むエネルギーだからです。

少し賞賛されるぐらいなら、どうということはありませんが、目立ちすぎて、ほめられすぎれば、徳が大きく減ります。

さらに、乱れた思いや言葉は、社会全体に悪影響を与えるので、それだけ、徳を失います。

ですから、思いや言葉は調和と平安を与えるようにする必要があります。

このように、徳と金運を積んでいく努力をしていけば、健康で豊かな幸福な人生を送ることができるようになります。

頼りになるのは、自分が蓄積した徳と金運だけ

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理(ことわり)をあらわす」

現代語訳:祇園精舎の鐘の音は世の中に不変のものはないという風に聞こえる。沙羅双樹の花の色は、栄える者は必ずや衰え滅び、長くは続かないこの世の定理をあらわしている。

と平家物語にあるように、この世は無常迅速であり、変化変転してやみません。

私も、つい、この前まで、自分は若い大学生だと思っていたのが、いつのまにか、還暦間近の58歳のおっさん(というかおじいさん?)になっていて、ヒゲは真っ白です(ただ、髪は黒くフサフサして、若いころと変わりません)。

無常迅速な世の中では、物事は常に変化変転して、移り変わり、何が起こるか、まったく分からないので、貯金しているだけでは、今後、幸福な豊かな暮らしができるかどうか分かりません。

お金は値打ちが常に変化し、インフレになると、価値が大幅に目減りします。

アルゼンチンのように、国家破綻すれば、お金は紙くず同様になり、銀行も閉鎖し、お金が引き出せなくなります。

このように、お金は、とても不安定なもので、お金があるから、ずっと幸福に豊かに生きられるわけではありません。

日本は国家破綻しないと思うかもしれませんが、すでに国の借金は1000兆円を超え、いつ破綻してもおかしくないと外国から思われています。

現金ではなく、金や銀を持っていれば、国家破綻でお金が無価値になっても、金や銀で物々交換ができるので、少しは安心ですが、金や銀の価値も大きく下がることがあり、また、物質なので盗まれる可能性があります。

株や暗号資産は価値の変動が激しく、最悪の場合、株にしろ、暗号資産にしろ、価値がゼロになる危険性があります。

不動産も価値の変動が激しく、これからの少子高齢化時代では、資産の目減りが心配です。

賃貸アパートやマンションを買っても、部屋を借りてくれる人がいるとは限りません。

このように、お金や宝石、株や暗号資産、不動産などに投資しても、幸福な豊かな生活が保証されるわけではありません。もちろん、ある程度は保証してくれますので、そのようなものに投資することも必要でしょう。

しかし、真に人生を幸福に豊かに暮らしたいのなら、徳と金運を積むことに全力を尽くすべきです。徳や金運は他人に奪われることはありません。

自分が蓄積した徳の蓄積量に合った幸福が得られ、金運の蓄積量に応じた豊かな暮らしができます。

徳や金運は、自己のオーラに記録され、あの世にも来世にも持っていけます。

だから、一番、安全な投資は自分に対する投資であり、徳と金運を蓄積することなのです。

徳や金運を積むには、ユニセフなどの慈善団体に寄付することです。

ユニセフに寄付すれば、多くの徳を積め、寄付金額の約35倍の金運が積めます。

また、貧しい人に寄付したり、慈善団体を設立して、たくさんの人を助ける事業をおこなうのもいいでしょう。

そうすれば、たくさんの徳と金運を積むことができ、来世にまで、幸せと豊かさが保証されます。

また、徳と金運が実現し、幸福や豊かさを手に入れることは、絶対的な天の法則なので、どんな環境になろうとも、幸福や豊かさが保証されることになります。

ということで、投資するのであれば、徳と金運に投資するのが最善なのです。

金運がマイナスになると、お金も仕事も失ってしまう

金運がマイナスになると、お金も仕事もなくなってしまいます。

人や社会に奉仕して、人や社会の役に立ち、人助けをすると、徳を積むことができ、金運がアップします。
 

金運のあるときは、仕事がたくさんあり、高収入が得られます。

しかし、金運が減ってしまい、マイナスの状態になると、いきなり、解雇されたり、仕事がなくなって、食べられなくなります。

ということで、常に、金運を増やすように努力して、失業しないように、気をつけなくてはいけません。

金運アップのためには、現在の仕事をコツコツとまじめにこなし、いつも、給料の何倍もの仕事をするように努力することです。

すると、自分ががんばってやってきた仕事で、お金として返ってこなかった分は、金運として蓄積されます。

また、毎月、ユニセフなどの慈善団体に寄付することで金運を増やすことができます。

そして、人にお金や物、サービスや情報を与えると金運がアップします。

金運がマイナスになると、失業してしまい、自分のお金や物もどんどんなくなってしまうので、常に、金運を蓄積するように努力しなければなりません。

タイトルとURLをコピーしました