おすすめ本-『エローヒムの降臨 ー映画「宇宙の法―エローヒム編―」参考霊言ー (OR BOOKS)』2021/9/7に購入

“映画『宇宙の法-エローヒム編-』予告編”

それは、善悪を分かつ
正義と慈悲の神。

いよいよ10月8日に
全国公開が迫る超大作アニメ
「宇宙の法―エローヒム編―」。
『旧約聖書』の創世記にも登場する
エロ―ヒム。その実像とは?
その教えとは? 当時の地球とは?
そして、人類と宇宙人との関わりとは?

地球神エル・カンターレが、
1億5千万年前に
エロ―ヒムという名で下生した、
驚くべき真実が明かされる。

映画が10倍楽しくなる!
地球の秘密が明らかになる!
◇地球が試練を迎えていた時代
 エロ―ヒム神とはどんな存在か
◇天国と地獄が分かれ始めた経緯
 低級霊界のはじまりと悪魔の誕生
◇恐竜となったもの、怪物に変身するもの
 地上で勢力を誇ったレプタリアン種族
◇宇宙人が地球に適応するために
 遺伝子交配が行われていた!?
◇宇宙からの侵略者との戦い
 当時の人類と宇宙の地球防衛軍
◇神なき民主主義の問題点
 すべての人類が知るべき真実とは

☆映画の楽曲歌詞も特別収録

■■ エローヒムの人物紹介 ■■
地球系霊団の至高神であるエル・カンターレの本体意識の一つ。地獄のもとになる低位霊界ができ始めたため、人々を正しい方向に導くべく、1億5千万年前に今の中近東近くに降臨し、「光と闇の違い」や「善悪の違い」を中心とした教えを説いた。「エローヒム」とは「光」「神の光」を意味する。(『信仰の法』〔幸福の科学出版刊〕等参照)

“『エローヒムの降臨』=未来への指針を決める新しい聖書・仏典ーを参究してみた。”

“大川隆法総裁「エローヒムの霊言—エローヒムとその時代—」<映画『宇宙の法—エローヒム編—』参考霊言>信仰、愛、正義を語る【Weekly “With Savior”】”

タイトルとURLをコピーしました