金運とは?

人間には金運というものがあります。

金運が多ければ多いほど、

お金や価値ある物が

手に入ります。

金運があればあるほど、

収入も多く、

いい生活ができ、

成功し、豊かな人生が送れます。

金運は、目には見えませんが、

オーラに正確に記録されています。

この記録は、神が記録する

天の記録なので、

正確で、間違いありません。

天の記録には、間違いがなく、

金運を受け取るべき人には、
 
しっかりと与えられますし、

金運を失うべき人からは、

しっかりと差し引かれます。

価値ある物やサービスに払ったお金が、

支払ったお金で

足りなければ、

不足した分、金運が減少します。

価値ある物やサービスや

知識や情報を無料で受け取ったり、

安く買ったりすると、

不足分を金運から
 
差し引かれます。

金運を高めるには、

他人に物やサービス、
 
有益な知識や知恵、情報を

与えて与えて与えまくることです。

仏教では、

体施、物施、法施と

いわれています。

体施とは、体を使った奉仕、

すなわち、サービスです。

物施とは、物やお金を与えることです。

特に、お金を与えることを財施

ともいいます。

法施とは、人に真理を説き、
 
教育を行い、価値ある情報、

知識、知恵を与えることです。

仏教では、

法施が一番多くの徳を

積めるといわれています。

他人を正しい方向に指導し、

真理を教え、

人格と霊位を向上させ、
 
導くのです。

人を霊位向上に導くことは、

たくさんの徳を

積むことができます。

他者に有益な価値ある

情報を与えることでも、

たくさんの徳を積むことができます。

以上のことから、

毎月、ユニセフなどの

慈善団体に寄付し、

困っている人は

進んで助け、

無料奉仕を行い、

有益な知識や知恵、情報などは、

人に惜しみなく与えることです。

このように生きれば、

たくさんの徳が積め、

徳が実現すれば、

豊かさと健康、

幸せと成功がつかめます。

タイトルとURLをコピーしました