お金がないときはお金の重要性を学ぶ時期

どんなにがんばっても、お金が稼げない時があります。

これは、お金の重要性を学ぶ時期なのです。

この世には偶然はありません。

あらゆる出来事には意味があります。

お金がどうしても稼げないときは、悲しむのではなく、お金のありがたさをよく知るべきときなのです。

お金を大切にしなければ、貯金できません。

当たり前ですが、お金を浪費すれば、穴の空いたバケツに水を流すように、いつもお金に困る状態が続きます。

お金のありがたみを学ぶために、お金が貯まらない時が来ているので、お金のありがたみについて真剣に学べば、しだいに、お金が貯まり、豊かになっていけます。

1円だから、10円だからと軽く考えてはいけません。

「塵(ちり)も積もれば山となる」で、その1円、10円が積み重なって、やがて、大金になるのです。

1円や10円ぐらいどうでもいいとか、考えているのであれば、考え直してください。

1円を笑うものは1円に泣きます。

例え、1円でも、10円でも、無駄遣いしないようにしてください。

すると、無駄遣いがなくなるので、しだいに、お金が貯まります。

そして、なぜか、お金が貯まるだけでなく、副収入や臨時収入も入ってくるようになります。

なぜなら、お金のありがたみを知ったので、お金のありがたみを勉強する時期が過ぎたからです。

そして、お金に感謝するようになりますから、お金が近寄ってくるようになるのです。

成功者は、親がお金持ちである人以外はみんな、下積み時代はとても貧しい時代を過ごしていることがよくあります。

これは、貧困生活時代にお金の大事さを知り、その上で、必ず自分はお金持ちになるという夢と目標を抱き続けていたので、最後には、ついに、お金持ちになったということです。

貯金できないときは、お金の大切さを学ぶ時期です。お金を大切にし始めると、お金が貯まり始めるのです。

タイトルとURLをコピーしました