あなたの大切なお子様を見守るGPS端末 NTTグループの新サービス【 goo of things いまここ 】

小さなお子様がいる親は大変です。特に、小さなお子様が外出しているときは、本当にお子様が心配だと思います。

登下校時や習い事の場所への行き来に事故や犯罪に巻き込まれていないだろうか。

できれば、子どもが行くところには、どこにでも自分が付き添ってあげたい。しかし、そんなわけにもいかない、困った、というわけです。

しかし、もう、そんな心配をする必要はありません。NTTグループの新サービス【 goo of things いまここ 】があれば、もう大丈夫。ご安心ください。

「goo of things いまここ」は、交通事故や犯罪等、多発している危険エリアを設定することができ、設定した危険エリアに子どもが侵入すると見守る側にお知らせします。

【「goo of things いまここ」とは?】

「goo of things いまここ」とは、 GPS端末を所有することで居場所を把握することができるサービスです。

学校や公園など、子どもが頻繁に訪れる場所を 設定することができるため、登下校時の子どもの行動把握につながります。

【「goo of things いまここ」の特長】

■特長1:緊急時のお知らせ機能

子どもがGPS端末の中心ボタンを長押しすると保護者側に通知します。 子どもの緊急時にいち早く気づき、駆け付けることができます。

■特長2:危険エリア侵入時の通知

交通事故や犯罪等、多発している危険エリアを設定することができ、 設定した危険エリアに子どもが侵入すると保護者に通知。 また、子どもが頻繁に行く場所(学校・習い事の教室・ 児童館・図書館・友人の家など)をスポット設定し、 設定したスポット箇所に子どもが訪れたり、 出たりすると保護者側にお知らせします。

■特長3:防災情報を閲覧可能

地図画面で防災情報(避難場所・大規模病院・警察署・ 消防署・学校・自治体施設)を確認することができます。 災害発生を想定して、子どもの行動範囲内にどういった 防災施設があるか把握できるため、 防災情報についてのコミュニケーションにも役立てることができます。

■GPS端末の所持方法

GPS端末は防水性のため、 ランドセルや習い事のバッグに付けることも可能です。 ランドセルや習い事のバッグの中に入れておくことも可能なので、 様々な所持方法があります。

詳しくは、以下をクリックしてご覧ください👇

タイトルとURLをコピーしました