“【本紹介】少食本の世界的パイオニアの貴重な本 / 無病法~極少食の威力~(ルイジ・コルナロさん著:PHP研究所 出版)”


説明

内容紹介

西欧では、歴史的に最も有名な長寿者であるにもかかわらず、日本ではほとんど知られていない人物。それが本書の著者ルイジ・コルナロである。コルナロはいわば「食べない健康法」の元祖。 時は16世紀のイタリア。病気がちで生死の淵をさまよった彼は、医師の忠告で節食生活を始める。すると、たちまち病は快癒し、ついには当時としては異例の102歳という天寿を全うする。彼はその体験をもとに、食を節すること(極少食)がいかに心身ともに良い影響を与え、また人間の運命をも変え得るものかを83歳から書いて配り始めた。その手記は評判を呼び、各国で翻訳されながら読み継がれ、後にフランシス・ベーコンやニーチェほか多くの有名人が言及しているほどである。この「食養のバイブル」とも言われる古典的名著が、ついに待望の邦訳! 活性酸素やサーチュイン遺伝子など現代の知見から見た懇切な解説も付いており、より深い理解を助けてくれる。

内容(「BOOK」データベースより)

16世紀のイタリアで、自らの体験をもとに食を節することの素晴らしさを説いた貴族の手記。欧米各国で読みつがれてきた健康法の古典的名著、待望の邦訳(解説付き)。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

コルナロ,ルイジ
1464~1566。ルネサンス期イタリアの貴族。ヴェネツィア共和国パドヴァ市の行政長官などをつとめる。暴飲暴食にあけくれた結果、30代でさまざまな成人病をわずらい、40代で生死の淵をさまよう。医師の忠告により節食生活を実践し、病を克服。当時としては異例の102歳の天寿をまっとうした。その体験を綴った著書は国内外で大きな反響をよび、後にフランシス・ベーコンやニーチェも言及しているほどである

中倉/玄喜
1948年、長崎県平戸市生まれ。高知大学文理学部化学科卒。翻訳家、食養研究家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

“【本紹介】少食本の世界的パイオニアの貴重な本 / 無病法~極少食の威力~(ルイジ・コルナロさん著:PHP研究所 出版)” を YouTube で見る

【本紹介】少食本の世界的パイオニアの貴重な本 / 無病法~極少食の威力~(ルイジ・コルナロさん著:PHP研究所 出版)
タイトルとURLをコピーしました