池上彰の過去世は新約聖書『使徒行伝』に登場する伝道者ピリポだった

池上彰の政界万華鏡 (OR books)/幸福の科学出版

¥1,470
Amazon.co.jp

池上彰の過去世は新約聖書『使徒行伝』に登場する伝道者ピリポだった

『池上彰の政界万華鏡』読みました。

今、分かりやすいニュース解説で大人気の池上彰氏の守護霊インタビューです。今回初めて、池上彰氏の過去世が新約聖書『使徒行伝』に登場する伝道者ピリポ(フィリポ)であることが判明しました(イエスの12使徒の一人、ピリポとは別人)。キリスト教の伝道に活躍したようです。以前、守護霊霊言に登場した膳場貴子さんもキリスト教系で活躍した方のようで、縁があるようです。

また、その後に、日本に生まれ、「池上本門寺」と関係がある日蓮の外護者(げごしゃ)の一人、池上宗仲(むねなか)として生まれ変わっているようです。このように、前世を見るとキリスト教と日蓮宗に縁があり、非常に宗教的な魂であることがわかります。そんな方が今回の人生では分かりやすいニュース解説で有名なジャーナリストになって活躍しているわけですね。

以下、池上彰さんの守護霊の言葉です。

「言葉」を武器として戦ってきた魂

宗教というのは、苦しみのなかをはいまわりながら、苦労して、伝道した者があとになると、高く評価されるんですよ。今のマスコミや他の政党はローマ兵のようなもので強い。それに対して言葉ひとつで立ち向かうのは、そんなに簡単なことではないから、簡単に勝てないのは仕方ないんです。

以下、大川隆法先生の言葉です。

池上彰氏守護霊の霊言を終えて

いよいよマスコミ人から宗教人が出てき始めましたね。しゃべる仕事ですから、やはり、タレント(才能)としては関係があるのでしょう。宗教では、お経を読み、それを覚えて、しゃべるわけですが、その「読み、覚えて、しゃべる」というのは、同じであるわけです。やはり、宗教には、マスコミ的能力も必要でしょう。そもそも宗教は、「マスコミの元祖」なの
です。

池上彰の政界万華鏡 ―幸福実現党の生き筋とは―
http://youtu.be/UHE7Hypwlf4#aid=P-c19bq2O9I

テレビ等で人気の池上彰さんの守護霊が、参院選や政界についてわかりやすく解説!
今回の参院選をどのように見ているのか、安倍首相の分析、幸福実現党をどのように見て­いるのかなど、様々な人や出来事を万華鏡のように見ている池上彰守護霊が、時事問題を­語ります。

・「今回の参院選は国民投票でもある」とはどういう意味か?
・自民党が大勝した場合、しなかった場合、それぞれどういう問題が発生するのか?
・マスコミが、幸福実現党を報道できない本当の理由
・”池上”という名前に込められた驚きの霊的真実
・宗教との意外な関係、あっと驚く過去世

☆幸福の科学公式サイト
http://happy-science.jp/

タイトルとURLをコピーしました