だれをメンターにするべきか?

ネットビジネスは一人で自己流で自分勝手にやっていても絶対にうまくいきません。絶対にメンターが必要です。

メンターとは人生やビジネスの指導者のことです。直接会って師事するのが望ましいですが、会えないなら会えないでかまいません。

この人を自分のメンターにすると決めたら、徹底的にそのメンターから学びましょう。

ブログを読む。You Tube動画を見る。その人が本や電子書籍を出版しているなら、その本や電子書籍を読んでみる。その人の有料教材も全部買ってみる。その人の書いているものは全部読み、その人の動画は全部見るというぐらい一人の人から徹底的に学びましょう。

その場合、注意しなければならないことは一回見たり聞いたり読んだりしただけで分かった気になってはならないということです。

人間は一回見たり聞いたり読んだりしただけでは決して本当に理解していません。だから、その本や教材、音声や動画などを何度も何度も繰り返し繰り返し読んだり見たり聞いたりして学ばなければなりません。

成功できない人の特徴として、この繰り返しができない、と言われています。

さて、ここで間違いやすいのは、たくさんの人をメンターにして、そのたくさんのメンターから学ぼうとすることです。次から次へとメンターを変えていくということですね。こういう人をメンター難民といいます。

そんなことをすれば、知識がこんがらがってしまい、何が正しいのか、何をどうすればいいのか、さっぱりわからなくなってしまいます。

ですから、そうならないためにも、メンターは一人に絞るべきです。もちろん、他の人からも学べばいいでしょう。ただし、それはあくまで参考程度で、メンターはあくまで一人にしなければなりません。

では、だれをメンターにすればいいのかを語っていきましょう。

まず、実績のある人です。

あなたはこれからネットビジネスで稼いでいきたいわけですよね。ということは、稼げない人をメンターにするということはありえないわけです。あなたが将来稼ぎたい金額以上のお金を稼いでいる人を自分のメンターにしましょう。

そして、自分の顔と名前、会社名や住所を公開していること。

つまり、何もやましいことはなく、堂々とビジネスで稼いでいるということですね。

そして、自分と頭のレベルが近い人。

例えば、すごい天才みたいな人がいるとします。すると、恐らく、この人は私たち凡人の気持ちがわからないでしょう。

凡人が一生懸命がんばっていても、なんでこんなこともできないのか、なんでこんな簡単なこともわからないのか、とあきれてしまうと思います。

しかし、私たちと同じ凡人であり、ゼロから努力に努力を重ねて成功して金持ちになった人は、凡人の苦しみ、悩み、頭の悪さ、能力のなさをよく理解できるので、凡人に分かるように徹底的にわかりやすく指導してくれるでしょう。

最後に自分の好きな人です。

これは、言うまでもないでしょう。例えば、ゼロから成功して大金持ちになった。しかし、その人はものすごいイヤな性格で人を虫けらぐらいにしか思っていないとします。だれが、そんな人間から学びたいでしょうか?(中にはいるかもしれません)

ともかく、顔を見るのもイヤ、声を聞くのもおぞましい、みたいな人間から学べるわけがありません。

できれば、愛があり、言葉使いが良く、優しく、思いやりのある人格者をメンターにするとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました