『「日露平和条約」を決断せよ ―メドベージェフ首相&プーチン大統領 守護霊メッセージ― (OR BOOKS)』読みました。

「日露平和条約」を決断せよ ―メドベージェフ首相&プーチン大統領 守護霊メッセージ― (OR BOOKS) 

「日露平和条約」を決断せよ ―メドベージェフ首相&プーチン大統領 守護霊メッセージ― (OR BOOKS) 

読みました。

本書の結論です。

今がラストチャンスです。

日本は早急にロシアと『日露平和条約』を結ぶべきです。

そうしなければ、第三次世界大戦の構図が完成してしまうでしょう。

逆に、『日露平和条約』を決断すれば、北朝鮮危機も中国問題も解決の方向に進むことでしょう。

日本がこれから進むべき道は、日米関係を基軸としつつも、インド、台湾、韓国、オーストラリア、ロシアで囲んで、北朝鮮と中国の民主化、自由化、そして、信仰の復活をなしとげることです。

そして、日本がアジア、アフリカ諸国のリーダーになり、中近東の戦乱を抑止することです。

今、「決断」の二文字こそ必要とされています。

タイトルとURLをコピーしました